疲労回復

コエンザイムQ10は人間の身体にもともとあるもの?

健康食品やサプリメントなどに含まれているコエンザイムQ10は、どんな成分なのかは良く知らないけど、名前だけは良く耳にする、という人も多いのではないでしょうか。
このコエンザイムQ10とは、一体どんな成分で、どんな働きをしているのでしょうか。
コエンザイムQ10は、実は人間の身体にもともと存在している成分なんです。

コエンザイムQ10が初めて発見されたのは、1957年です。
アメリカのクレーン博士が、心臓の細胞に存在しているミトコンドリアの中に、オレンジ色の物質があることを確認しました。
これがコエンザイムQ10で、コエンザイムQ10は心臓細胞だけでなく、様々な細胞に存在しています。

コエンザイムQ10 は、60兆個あると言われる細胞それぞれに存在しており、私たち人間が生きるために必要不可欠な需要な役割を担っています。
コエンザイムQ10の働きは主に2つあります。
エネルギーを産生する働きと、抗酸化作用の2つです。

一つ目は、ご飯や魚、野菜など、食事で食べた栄養分をエネルギーに変えてくれる重要な働きで、コエンザイムQ10が無いとエネルギーが生み出せないのです。
食べたものをエネルギーに変換してくれるコエンザイムQ10は、ダイエットの強い味方になってくれ、健康生活のサポートもしてくれます。
2つ目の抗酸化作用は、各細胞を活性酸素から守ってくれる働きで、アンチエイジングの役割になります。

老化から守ってくれるコエンザイムQ10は、肌のシワやたるみ防止、脳や臓器、血管なども若々しく維持するためには欠かせない成分です。
このようにコエンザイムQ10は、人間の健康維持や老化防止に欠かすことのできない成分ですが、残念なことに年齢とともに減少していく成分なのです。
各臓器に存在しているコエンザイムQ10は、どこの臓器も20代をピークとして、ガクンとその量が減少していきます。

コエンザイムQ10が減少していくことで、身体には様々な変化が現れてきます。
太りやすくなったり、いつも疲れやすくなったり、少しの運動で息切れや動悸を感じたりするようになります。
年齢と共に減少していくコエンザイムQ10は、外側から補うことで健康や老化防止に役立ってくれるのですね。

Copyright(C) 2013 体に必要な栄養素 All Rights Reserved.