疲労回復

授乳中でもコエンザイムQ10は飲める?

サプリメントや美容コスメなどにも含まれているコエンザイムQ10は、もともと人間の細胞の中にある成分で、補酵素という役割があります。
補酵素は酵素の働きをサポートするもので、コエンザイムQ10は補酵素として、エネルギー代謝に深い関わりのある働きをしています。
コエンザイムQ10に期待出来る効果は、疲労回復やアンチエイジング、生活習慣病の改善や、ダイエットなどで、これらの効果を期待して、コエンザイムQ10のサプリメントやコスメ、健康食品を利用する方も多いのではないでしょうか。

女性であれば、アンチエイジングやダイエットなどの目的で、コエンザイムQ10のサプリなどを愛用している人も多いと思いますが、授乳中の女性には問題ないのでしょうか。
母親の母乳は、母親の血液から作られているので、母親の食べるものや薬の服用には、とても気を使いますね。
出来るだけ赤ちゃんに良い母乳を与えるためにも、母親の毎日の食事内容はとても大切です。

コエンザイムQ10は、先程も説明したように、体内にもともと存在している補酵素です。
ですから、健康な人が摂取する場合、コエンザイムQ10の副作用はまずないと考えられています。
しかし、授乳中の母親がコエンザイムQ10を摂取して、乳児への影響が全くないといった臨床データなどは今のところほとんどないようです。

ですから、授乳中の女性がコエンザイムQ10のサプリメントを美容や健康面から摂取したいというのであれば、まず産婦人科の医師と相談することをおススメします。
本来体内にある成分ですが、サプリメントでコエンザイムQ10を大量に摂取することで、問題がないとも言えないのです。
ただコエンザイムQ10には、優れた効果がたくさんあるものなので、授乳中ではない方には是非おススメです。
年齢と共に体内での生成が減少してしまうコエンザイムQ10をサプリメントで効果的に補うことで、慢性的な疲労感が改善できたり、美肌効果や肥満解消などにも効果が期待できますよ。

Copyright(C) 2013 体に必要な栄養素 All Rights Reserved.