疲労回復

アンチエイジング効果のあるコエンザイムQ10

サプリメントや健康食品などでお馴染みのコエンザイムQ10は、アメリカで1957年にクレーン博士によって発見された成分で、人間のあらゆる細胞に存在していて、人間が健康な生活を送る上で、とても重要な働きを担っています。
補酵素であるコエンザイムQ10の働きとして最も知られているのが、抗酸化作用です。
各細胞を活性酸素から守ってくれる作用で、細胞を若々しく保つ働きがあるのです。

年齢と共に減少していくコエンザイムQ10は、サプリや食事などからしっかりと補うことでアンチエイジング効果が得られます。
酸素と鉄が結合するとサビてしまいますよね。
酸素は人間が生きていく上でなくなはならない成分ですが、体内に取り入れられた酸素の1部が活性化してしまうことで活性酸素となります。

活性酸素が増える原因として挙げられるのは、ストレスや、飲酒、喫煙、激しい運動などです。
活性酸素は細胞をサビさせてしまう困った成分ですが、体内に入り込んだ細菌やウイスルなどを攻撃してくれ守ってくれる働きもあります。
活性酸素は人間にとって必要なものなのですが、一定量を超してしまうことで問題が起きてきます。
体内で増えすぎた活性酸素は、細胞内のタンパク質や脂質などを酸化させてしまいます。

老化を始め、ガン、糖尿病、脳卒中、脂肪肝、アトピー性皮膚炎など、様々な病気の原因となる活性酸素。
生活習慣病の90%はこの活性酸素によるものだと言われてます。
いつまでも若々しく、健康でいるためには、コエンザイムQ10が体内に十分足りていることが必要になります。
しかし残念なことにコエンザイムQ10は、加齢と共に減少してしまいます。

20代をピークとして、年齢を重ねるごとにどんどんと減っていきます。
コエンザイムQ10は、高齢になるほどより多く必要になるのです。
魚や肉類、大豆などに多く含まれているコエンザイムQ10ですが、必要な量を毎日摂取するのは、大変です。
サプリメントなどで上手にコエンザイムQ10を補うことで、アンチエイジング対策や、健康な身体作りができるのです。

Copyright(C) 2013 体に必要な栄養素 All Rights Reserved.